91p10avE9iL




10月31日はハロウィン。

月の初めから色々なところでかぼちゃの飾りを見かけます。


最近でこそ、仮装して地域の家やお店をまわって

お菓子をもらう子どもたちの姿を見かけるようになりました。



【ハロウィンの意味】
 
 ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、
死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や
         魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
          これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)を
         くり抜いた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女や
         お化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(いた
                         ずらかお菓子か=お菓子をくれないと
悪戯するよ)」と唱える。
 家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・
                         パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
                                              Wikipediaより
 


日本でいうとお盆に近いのかな?と思います。

お盆に子どもたちが各家庭を回って
お菓子をもらう風習がある地域もあるそうですから。


宗教的な行事なので、深いところは分かりませんが

子どもたちが地域と交流をするきっかけとしては

良い行事だなと思います。 


仮装した子どもたちも可愛らしいです。

昨年は商店街を回ってお菓子をもらう一行の中に
バカボンのパパに扮した男の子がいて笑わせてもらいました。



さてさて、おなじみのぐりとぐら。

今回はカステラではなく

すみれちゃんといっしょに、かぼちゃ料理。


食欲の秋

 芋・栗・かぼちゃが美味しい季節でもあります。
















未来の世界を生きる子どもたちと、保育に携わる全ての人がハッピーになることを応援するWEBサイト
ハッピー保育ネットふくおか』もご覧ください。